糸満最古の蔵元

上原酒造は1947年創業。
沖縄本島南部・糸満市では最も古い蔵元です。
2015年からの休眠を経て、
2021年より泡盛造りを再開しました。
上原酒造の酒は、沖縄のもたらす様々な恵みと泡盛業界初の「電子技法」によって生み出されています。
電子技法で造るまろやかで芳醇な泡盛は、沖縄県知事賞を連続受賞するなど高い評価を得ています。

琉球泡盛「神泉」

酒造所裏手には、一年中枯れることのない湧水「ンブガー」があり、人々の暮らしには欠かせない神聖な水として、今も大切に守り継がれています。その水源に感謝を込めて生まれたのが代表銘柄「神泉」です。

地酒泡盛「糸満」

海人(うみんちゅ)の町として知られる沖縄県本島南部・糸満市で最も古い酒造所として、地元に対する想いを込めて命名した泡盛です。地元で水揚げされた新鮮な魚との相性は抜群です。

PAGE TOP